« ラグジュアリーなタコパ | トップページ | こだまにのった。 »

2006.01.13

T.O.C.(制約理論)

「中小企業向け利益を生み出すT.O.C.(制約理論)活用術!」のセミナーに行ってきた。

セミナーの要約抜粋↓

 北米の生産管理を一新したという制約理論(T.O.C.)について、その理論の解説と考え方について、具体例を挙げながら平易に解説する。この理論は理解しやすくまた、容易に掴みやすいという反面、その理論を現場に導入することには様々な困難を伴う。理論解説と日本という風土に紹介する場合の困難さを含めて、容易に見える理論と、その背景、導入するときにクリヤすべき問題点などを紹介する。


 T.O.C.理論の中心的な概念であるDBRは生産管理の基本として感覚的にはわかるものの、実際に体験しなければ全体像とその効果が掴みにくい。具体的な生産場面を想定したシミュレーションゲーム(ダイスゲーム)に参加し、実際に仕掛かり在庫の動きや在庫レベルの変化、出荷までの動きを体験してもらうことによって、理論を実感してもらう。


学んだこと。(私の頭の整理用です。意味がわからんかもしれんが許してちょ。(笑)

1、組織は達成すべきゴール(目的)がある。
2、組織とは各部分同士の相互作用があるので各部分の合計以上のものである。
3、組織のパフォーマンスはごく少数の変数により制約されている。

以上のT.O.C.の仮説を認識する。
会社というのは一番能力の低いところで業績が決まる。

5段階継続改善プロセス、自分の位置、場所、を常に意識して区別して実行する。

制約/コントロールポイントにアタックする。

まだぼんやりとしか理解できてないけどこの状態がええねん(笑)頭の中が欲求不満状態。冴えまくるねん。
以下の資料、書籍を紹介された。ザ・ゴールとザ・ゴール2は持ってるけど未読やねん。(笑)鉄は熱いうちに打て!明日読みたい!今日のセミナーを受けたお陰でこの状態ができた。私にとってゴールとゴール2を読む一番いいタイミングやと思う。

(1)書籍
◎ザ・ゴール エリヤフ・ゴールドラット著 ダイヤモンド社
◎ザ・ゴール2 思考プロセス エリヤフ・ゴールドラット著 ダイヤモンド社
◎ケースで学ぶTOC思考プロセス エリ・シュラーゲンハイム ダイヤモンド社

(2)参考サイト
TOC-JAPAN 
TOCラボ 


懇親会の焼肉はうまかった。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42115/8144866

この記事へのトラックバック一覧です: T.O.C.(制約理論):

» TOCセミナー報告 [のたり松五郎。から]
 昨日は、TOCセミナーへ行って来ました。 で、加藤さん達に誘われるままに2次会(居酒屋)3次会(カラ オケ)と行くことになり、綺麗サッパリとTOCの内容が酒で洗 い 続きを読む

受信: Jan 14, 2006 10:25:44 AM

» 2006年1月13日(金)「e製造業の会」セミナー!中小企業向け利益を生み出すT.O.C.(制約理論)活用術 [e製造業の会から]
中小企業向け利益を生み出すT.O.C.(制約理論)活用術! ~ボトルネックは誰?どこに?体験型セミナーで骨身にしみるT.O.C.の全容~ 続きを読む

受信: Jan 18, 2006 2:05:17 PM

コメント

昨日は、お疲れさまでした。  詳しく書いていただいて、おおきに!  途中参加では、良く分かりませんでした。  参考にさせていただきます。 おおきに! 焼肉おいしかったですね~♪

投稿者: タケやん (Jan 14, 2006 10:00:04 AM)

ブログ上では、はじめまして。
昨日は、色々とありがとうございました。
焼肉の際は、離れて座っていたので、最後の五分
ぐらいしか話せていませんが、昼食時に色々と
楽しいお話(例えばクラちゃん?)を聞かせて
いただきありがとうございます。
また経過報告等こっそり聞かせてください。
あと、ここのブログにリンクさせてもらいたいの
ですが、いいですか?
一応、張っておきますので問題があったら言って
ください。
では、またお会いできる日を楽しみにしております。

投稿者: 松五郎。 (Jan 14, 2006 11:29:29 AM)

▼タケやん

お疲れさまでっす。わたしもよくわかっていませんもで仲間です(笑)参考書籍を読みましょ。

▼松五郎

ブログ拝見しました。情報量満載でスゴイですね。また遊びに行きますね。


>あと、ここのブログにリンクさせてもらいたいのですが、いいですか?

ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。


投稿者: 児玉義弘 (Jan 14, 2006 11:47:41 AM)

コメントを書く