« 影響力の武器―なぜ、人は動かされるのか | トップページ | 芸妓峰子の花いくさ―ほんまの恋はいっぺんどす »

2005.11.19

愛なんか   

愛なんか   唯川 恵 著

12の恋愛小説を綴ったもの。
著者いわく、恋とは、自分のいちばんみせたくないところ、認めたくないところが出てしまう。

恋を前にして、襟をただしているなんて、何てつまらないのでしょうか。恋に狂い、傷つけられ、気がつくとまた誰かと恋をしている。と紹介されています。

自分の20代の時、感じてた恋愛感覚やわ。
30代になり、恋に狂うことなく結婚を意識するようになり運命の人に出会うのは、半ばあきらめの気持ちが出ている。

愛とは何か、パートナーに何を求める?を今一度考えさせてくれた。

ムラムラしてきた・・・
いま一度、恋に狂いたい!


|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42115/7193493

この記事へのトラックバック一覧です: 愛なんか   :

コメント

コメントを書く