« がんばれ元気 読破! | トップページ | ミキティーはよっちゃんが好み!? »

2005.03.31

滋賀県の車中にて哲学

仕事で滋賀県の栗東に行ったので草津により晩御飯をさねえちんを誘って一緒に食べた。
わたくしたち30代がよくする話題を話し合った。

ズバリ!恋ばな。
理想の相手はどんな人とか、いろいろ話をしたが
自分では心を開いているつもりだが、わたくしのストライクゾーンは米粒やん!ということがわかった。

でも理想の相手って突き詰めると米粒にならんか?
あくまで理想であって実際は全然違う人と付き合ったりするもんだと思う。

このことは仕事にも当てはまる気がする。
目標とか決めてそこに向かって頑張って
1年後、結果として成功しても最初の計画したものと全く違う案件やステップで成功していたことってない?
人生ってそんなもんちゃうかな・・・。

描いたとおり突き進み計画通りにいく人も中にはいると思うけど
大抵は横道それてそれた道を進んでいるんじゃないかな。


|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42115/3513200

この記事へのトラックバック一覧です: 滋賀県の車中にて哲学:

コメント

コメントを書く