« 専門学校最終日 | トップページ | 粋な大阪を創る会2 »

2005.03.13

粋な大阪を創る会1

sinnya-eiko-osaka2

sinnya-eiko-osaka

語り:新屋栄子氏
戦後の韓国、日本の様子を独特の調子で話されていた。司会者泣いてた。よっちゃん泣かず。
よっちゃんは、日本人だが生野に住んでいるので在日の韓国や北朝鮮の友達もいっぱいいる。

よっちゃんの卒業した北巽小学校は日本で一番在日が多い小学校なので
全然身近な話なの。

涙は出なかったけど心に染みた。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42115/3288527

この記事へのトラックバック一覧です: 粋な大阪を創る会1:

コメント

コメントを書く